田口健治のプロフィル
 1953年、寝具卸売問屋の長男として岐阜市に生まれる。県立岐阜高校を経て、立命館大学経済学部卒業後、名古屋市長者町の繊維総合商社に修業のため入社。3年間営業畑勤務ののち、家業承継のためUターン。その後10年間,主に、新規開拓・企画立案を中心に、専務取締役兼営業本部長として活躍した。しかし、業種・業態の将来性及び構造的問題に絶望し、かつ、自己の適性に着目して、平成元年、事業転換を決意した。
< 田口健治の軌跡 >
昭和28年 岐阜市に生まれる
昭和46年 岐阜県立岐阜高校卒業
昭和51年 立命館大学経済学部卒業
昭和51年 名古屋繊維総合商社入社
昭和54年 株式会社タグチ入社
平成元年  同 廃業(業種転換)
平成元年 行政書士試験合格
平成2年 宅建引主任者試験合格
平成3年 社労士試験合格
平成3年 マルチコンサルタント開業
平成4年 申請取次行政書士試験合格

■ 得意科目
「ヒトというキーワードへのこだわり、顧客・経営者・従業員満足、リスクマネジメント、後継者、血液型、教育訓練、商談関連心理学」

■ キャッチ・コピー
「今日からあなたにやすらぎを」

■ 座右の銘
「我以外、皆我師。1日1mmでも前進を! 」

■ 趣味
エレキギター・ベース、映画鑑賞

■ 好きな人
司馬遼太郎、高倉健

■ ザ・マルチコンサルタント事務所     所長 田口健治
〒 500-8258 岐阜市西川手2-81
TEL 058-271-8636
FAX 058-276-1041
E-mailken0328@ccn4.aitai.ne.jp
 その後2年間の充電期間中、極度の腰痛を克服しつつ、1日平均10時間の独学により、「社会保険労務士」「行政書士」「宅地建物取引主任者」「〔入管業務〕申請取次行政書士」等の資格を取得し、宅地建物取引業(個人免許)を営むかたわら、中小企業経営上の諸問題(特にヒトにかかわること)に造詣を深め、良きアドバイザー・アナリストとして活躍を期待されるべく、日夜精進しているコンサルタントである。
 過去の実体験に基づいた反面教師的反省と、資格取得によって得た法律知識の上に構築された独特の理論はわかりやすく、かつ、机上の空論に終わらない。特に、「リスクマネジメント・後継者・労務管理・事業転換・心理・教育・不動産・血液型」といったキーワードにかかわる分野をライフワークとして位置づけ、多面的な考察からの切り口を信条としている。

ザ・マルチコンサルタント 田口健治